やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2018/02/13
源泉徴収選択口座に係る株の配当を申告するか否かの選択単位

[相談]

 源泉徴収ありの特定口座を複数保有していますが、この特定口座に入金されている株式の配当について、確定申告するか否かの選択単位はどのように考えればよいのでしょうか。
 たとえば、A証券会社の源泉徴収ありの特定口座(以下、A口座)に係る配当について確定申告を選択した場合、B証券会社の源泉徴収ありの特定口座(以下、B口座)に係る配当も必ず確定申告しなければなりませんか?


[回答]

 ご相談のケースでは、口座単位で確定申告を選択することになります。つまり、A口座の配当について確定申告した場合に、必ずB口座の配当を確定申告しなければならないわけではありません。


[解説]

 源泉徴収ありの特定口座に入金された株式の配当について、確定申告するか否かの選択は、その口座ごとになります。
 他方、上記以外の株式の配当について確定申告をするか否かの選択は、1回に支払われる配当ごとになります。選択単位の違いにご注意ください。


参考条文等:措法8の5、37の11の6


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。




西岡公認会計士事務所

 経営革新等支援機関事務所

 リンク集

対象エリア
三重県四日市市|鈴鹿市|菰野町|朝日町|川越町|亀山市|いなべ市|桑名市|津市|東員町|松阪市|伊勢市|鳥羽市|愛知県名古屋市|弥富市|東海市|愛西市|蟹江町|飛島村|岐阜県岐阜市|滋賀県大津市|京都府京都市|大阪府大阪市|池田市|吹田市|高槻市|豊中市|兵庫県神戸市|芦屋市|尼崎市|伊丹市|川西市|宝塚市|西宮市|東京都内|

メールでのお問合せ
Tomoaki Nishioka

バナーを作成