旬の特集
旬の特集
文書作成日:2020/09/25


 企業の成長には労働生産性を高めることが重要です。ここでは、現状を確認するために、中小企業庁の2020年版中小企業白書から、産業・規模別の労働生産性(※)をみていきます。




 上記白書から、産業・規模別の労働生産性をまとめると、下表のとおりです。



 小規模企業は平均で223万円となりました。建設業が300万円を超えましたが、宿泊業,飲食サービス業と生活関連サービス業,娯楽業、小売業は100万円台と低い状況です。全体では200万円台の産業が多くなっています。



 中規模企業の平均は386万円で、400万円台の産業が多くなりました。小規模企業と同様に、建設業が最も高く500万円となっています。一方で宿泊業,飲食サービス業は200万円を下回りました。



 大企業の平均は649万円で、小規模企業の3倍弱です。産業別では建設業が953万円で最も高く、情報通信業も900万円となりました。一方で中規模企業と同じく、宿泊業,飲食サービス業が230万円で最も低い状況です。

 規模に関わらず建設業の労働生産性が最も高く、情報通信業が2番目に高いという結果が出ています。貴社の労働生産性と比べてみてはいかがでしょうか。


(※)中小企業庁「2020年版中小企業白書
 掲載の平成28年経済センサス活動調査結果によるもので、値は中央値です。労働生産性(付加価値額)は次の値となります。付加価値額=売上高−費用総額+給与総額+租税公課、費用総額=売上原価+販売費及び一般管理費

 ここでの中規模企業とは、中小企業基本法上の中小企業のうち、同法上の小規模企業に当てはまらない企業をいいます。大企業は小規模、中規模以外の企業となります。 https://www.chusho.meti.go.jp/faq/faq/faq01_teigi.htm#q1


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。




西岡公認会計士事務所

 経営革新等支援機関事務所

 リンク集

対象エリア
三重県四日市市|鈴鹿市|菰野町|朝日町|川越町|亀山市|いなべ市|桑名市|津市|東員町|松阪市|伊勢市|鳥羽市|愛知県名古屋市|弥富市|東海市|愛西市|蟹江町|飛島村|岐阜県岐阜市|滋賀県大津市|京都府京都市|大阪府大阪市|池田市|吹田市|高槻市|豊中市|兵庫県神戸市|芦屋市|尼崎市|伊丹市|川西市|宝塚市|西宮市|東京都内|

メールでのお問合せ
Tomoaki Nishioka

バナーを作成